バストの悩みを抱える女性必見!美容整形で胸を大きくする方法

胸に人工のバックを入れて大きくする

シリコン製の乳腺バッグを胸に入れて大きくする方法です。胸を確実に大きくすることができます。また、複数のバッグから、自分の好きなサイズ・形のバッグを選ぶことができるので、大きくするだけではなく形を理想通りに整えることも可能です。
バッグはシリコンが漏れ出さないようにしっかりとコーティングされています。また、より本物の胸に近い自然な触り心地になるように工夫がされています。
手術は一時間ほどで終了し、入院する必要もありません。
手術はワキの下から行うので、胸に傷跡が残ることはありません。また、ワキの傷もしわと同化してほとんど目立たなくなります。
そして一度手術すると、永続的に大きな胸を維持することができます。

脂肪やヒアルロン酸注入によるバストアップ

自分の脂肪を注入してバストアップする方法や、ヒアルロン酸を注入するという方法もあります。
脂肪を注入する場合は、自分の体内にある脂肪を使うので、異物を使わないという安心感があります。また、脂肪が定着した場合には、その効果は永続的になります。豊胸と同時に余分な部位の脂肪もとりたいという人には最適です。
ヒアルロン酸注入の場合は、もっとも手軽に施術を行うことができます。また、効果は数年で薄れてしまいますが、その分、元に戻るという安心感があります。ヒアルロン酸は元々体内にある成分なので、安心して注入することができます。大がかりな手術なしで、バストアップしてみたいという人には向いている方法です。微妙なサイズの調整もすることができます。

美容外科では、医療用レーザーや電気メスなどを用いた治療法が導入されており、患者の希望に合わせて、外見の美しさを向上させることが可能です。

© Copyright Surgeon's Qualifications. All Rights Reserved.