これなら安心!痛くない美容整形の施術方法

メスを入れずに済む安心の日帰り施術

昔はバストアップなどの美容整形でも、手術をして胸が大きくなるように中にジェルなどを入れる方法が主流でした。そうすると麻酔をするとは言え、しばらく痛みが続く上に入院も必要になる場合があります。
けれども近年ではバストアップやたるみ改善などの施術でも、さまざまな成分を注射器で注入する施術が人気です。保水成分で胸に膨らみを持たせたり、たるみ部分に筋肉の動きを抑える成分を入れて表情筋をリフトアップしたりと、医療技術はどんどん痛みのない治療法を生み出しています。こうした施術法であれば、施術後もすぐに帰宅できるので、忙しい人も助かりますよね。費用も手術するよりも安く済みますが、定期的にメンテナンスに通う必要が出てくる施術もあるので、事前にしっかりと医師の説明を受けておきましょう。

切開法ではなく埋没法でぱっちり二重に!

一重からさよならして、二重のぱっちり目になりたいという人も多いものでしょう。瞼を二重にする美容整形法には、切開法と埋没法の大きく2つが挙げられます。切開法の場合は瞼にメスを入れなければなりません。けれども埋没法であれば、糸を使って皮膚を結び付けて引っ張り埋没させることで二重を作るしくみです。
埋没法は糸を通すためにわずかに皮膚を切りますが、非常にわずかなので傷みもほとんどなくて腫れも数日で治まるでしょう。
目にメスを入れるのは怖いという人には、この埋没法がおすすめです。
そのほかにも、瞼をリフトアップしてぱっちり目にするなどの方法もあります。
自分に合った施術を、医師のカウンセリングの元で慎重に選びたいものですね。

美容皮膚科では一人一人の肌の状態に合わせて様々な選択肢があります。美しい肌を保ちたい、傷跡を治したいといった悩みに向き合っています。

© Copyright Surgeon's Qualifications. All Rights Reserved.